#2 狩猟を始めるまで



~狩猟免許や猟銃の種類~


 
 
 

私の狩猟に対するイメージは、銃を片手に山の中を駆け回り、獲物を見つけて仕留めるのが、私のイメージでした😅


 

しかし、狩猟には、銃だけでなく、4つの狩猟方法(免許)があるんです😲

 
 

無知な私は、免許が分かれている事すら知りませんでした😵
 
 
 

とりあえず、興味のある狩猟の形(免許)を想像しながら、取得したい免許を選ぶかたちで、始めました👇

 
 
 

1. 狩猟免許の種


2. 猟銃の種


3. パパスの方向性

 
 
 

狩猟免許の種類



① 第1種銃猟免許

  ・散弾銃、ライフル銃を使用する狩猟に必要な免許です。 第1種を取得していれば、空気銃(第2種)も使用可能です。
20歳から取得可能。


 

② 第2種銃猟免許

空気銃を使用し、狩猟を行う為の免許です。こちらは、空気銃のみ使用可となります。第1種の下位互換って感じです。
こちらも20歳からです。

 
 

③ わな猟

・罠を使用し狩猟を行う事ができます。18歳から取得できるので、未成年の方でも始めやすい狩猟だと思います。



④ 網猟

を使用し、狩猟する方法です。
わな猟とは、対照的に従事者人口が年々減少している、珍しい免許です。
こちらも、18歳からです。


※補足※

 

上記で書いたとおり、第2種空気銃のみ、使用できます。

 
 

反対に第1種では空気銃を含むすべての猟銃が、使用できるようになります。

 
 

車やバイクで例えるなら🤔

 
 

第1種=ミッションの車が乗れる免許

 
 

第2種=オートマ限定みたいなものですね😆

 
 

MT乗れたら、AT車も乗れますよ的な感じになりますね😆

 
 

こうみれば、第2種にメリットがないように感じますが👏

 
  

税金が第1種に比べて、狩猟税が1万円程、安いみたいです😝

 
 

ちなみに受講料金は、どちらも同じみたいですね😅
   
 
 
 

猟銃の種類


 

日本で使用できる、猟銃は大きく分けて4種類あります🙄



① 空気銃


空気の力で弾を発射する銃です。

※中には、かなり強力なものもある為、空気銃という名前でも、危険性は他の銃と同じです

ランニングコストや手続きが、他の種類に比べて安価で、省略できる部分があります。

② 散弾銃

 基本的に、小さなたくさんの弾が、だんだん広がりながら飛んでいく銃です。
スラッグ弾と呼ばれる1粒の弾を発射することもできます。


※殺傷能力が高く、暴発などの事故にも注意が必要です。

空気銃に比べ、弾などのランニングコストが高く、所持するまでの手続きにも時間がかかります。



③ ライフル銃


遠距離(150メートル以上)の静止している標的を狙う銃で、近距離使用時のメリットは、ないそうです。
1発の弾がライフル回転しながら、目標に飛んでいく、非常に飛距離のでる銃です。

※ライフル銃を使用する場合、散弾銃を継続10年使用した実績が必要となるので、いつかライフル銃を持ちたい方は、始めに散弾銃の所持が必要になります。 
 
 

④ ハーフライフル銃


ライフル回転を与える、螺旋状の溝がライフル銃の半分しかきられていない銃です。

ライフル銃は、散弾銃を10年継続使用した後、所有できるわけですが、ハーフライフル銃は、そういった規定がありません。

制限から逃れる為の銃に思えて、初心者は、迂闊に手を出さないほうがいいのでは?と、私は感じました😱


    

狩猟免許の種類によって、使用できない銃があるので、現段階では、まだ大丈夫ですが、
 
 
 
『空気銃か散弾銃』ぐらいは、イメージしてた方が方向性が決まって、行動しやすいと思います😆

 
 
 

猟銃に関しては、安い買い物ではないので、取得後、後悔😑とならないように、慎重に選びたいですね🤔



将来的な複数所持も可能なので、余裕のある方は、ぜひ🙈

 


お小遣い制………バンザ~イ😮笑



 

パパスの方向性




今回、私が目指していくのは


 
 

第1種狩猟免許と、わな猟免許です😁



散弾銃と空気銃で迷っているので、
 
  
  
どちらでも使用できる第1種狩猟免許を💪

 
 
わな猟に関しては、実家の害獣駆除や、いつかの狩猟目的で取得を目指していきます😤

   
 
免許試験は、兵庫県で毎年夏頃に2回行われているそうなので、時期によっては、夏まで待つ必要があります😮

 
 
次に、第1種狩猟免許=猟銃を所持には、別に公安委員会による所持許可が必要になってきます🤔

 
  
この猟銃の所持許可が、なかなか厄介で、中には許可がでるまで1年間の時間を費やした人がたくさんいるみたいです😩
 
  
 
免許取得した後に所持許可の申請をしていては、許可待ちで、なかなか狩猟を始められません。
 
 
 
猟銃を持ちたい人は、始めに猟銃の所持許可に向かって行動していきましょう😆

 
 
狩猟免許試験が、近い人は平行できたら効率的ですね🤗
 



#3狩猟を始めるまで~役所、警察へ問い合わせ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です